「関崎俊三」の版間の差分

小加筆
(長野県出身)
(小加筆)
{{漫画}}
'''関崎俊三'''(かんざき しゅんみ)([[6月22日]]-)は[[漫画家]]。[[長野県]]出身。[[筑波大学]]大学院芸術学研究科修士課程修了。デビュー時の名は'''唯野俊三'''
 
==経歴==
1996年1月、[[白泉社]]の第6回YA(ヤングアニマル)月例新人賞で投稿作「膳は急げ!」
が佳作を受賞。この時のペンネームは'''唯野俊三'''。その後も第10回、第16回で入選をはたし1996年
10月第16回入選作「豚が飛ぶとき」で本誌デビュー。
読者ページのイラストなどを描きながら翌年に掲載2作目となる「NINE BALL BLUES」
を発表し、この作品からペンネームを'''唯野俊三'''から現在の'''関崎俊三'''に改称する。
==エピソード==
*代表作『[[ああ探偵事務所]]』連載100回記念に、編集部から会いたい漫画家を訊かれ、[[島本和彦]]と答えたことで、ラジオ番組『[[島本和彦のマンガチックにいこう!]]』出演と、対談([[ヤングアニマル]]に掲載)が実現した。