「体験版」の版間の差分

 
== 家庭用ゲーム機における体験版 ==
[[1990年代]]以前は製造にコストがかかる[[ロムカセット]]方式のハードが主流であったため、店頭デモやイベントでの試遊が主で、個人向けに体験版の配布が行われることはほとんどなかった。[[任天堂]]が[[スーパーファミコン]]向けの[[サテラビュー]]を用いて、メディアを伴わないデータのみの体験版を配布したことがあったものの、システム自体の敷居が高く普及は進まなかった。
 
[[1990年代]]に入り、メディアに[[CD-ROM]]を採用するハード([[プレイステーション]]、[[セガサターン]]など)が普及してくると、そのコストの低さを生かし積極的な体験版配布がなされる様になった。店頭やゲームイベントでの自由配布のほか、雑誌の付録として体験版ディスクが封入されるというケースが一般的だったが、[[スクウェア (ゲーム会社)|旧スクウェア]](現・[[スクウェア・エニックス]])は開発中の大型タイトルの体験版を新作ゲームソフトに[[バンドル]]する手法を取り入れた。『[[ファイナルファンタジーVII]]』の体験版が付属した『[[トバルNo.1]]』、『[[ファイナルファンタジーVIII]]』の体験版が付属した『[[ブレイヴフェンサー 武蔵伝]]』などがヒット作として挙げられるが、これらはソフト本体が体験版の[[おまけ]]のような扱いをされてしまった。
 
[[2000年代]]以降、携帯ゲーム機の内蔵メモリの容量増加により、店頭やイベント会場においてゲーム機への一時的な体験版のダウンロードを行えるようになった。[[ゲームボーイアドバンス]]向けの[[月刊任天堂店頭デモ]]がその先駆けであるが、2004年末以降は[[無線LAN]]を搭載した携帯ゲーム機([[ニンテンドーDS]]、[[プレイステーション・ポータブル]])向けに店頭端末を用いて体験版を配布するサービスが行われている。(→[[DSステーション]]、[[プレイステーションスポット]])同じく、[[インターネット]]接続機能がある据置型ゲーム機([[Xbox 360]]、[[プレイステーション3]]、[[Wii]])に体験版を配布するサービスが行われている。(→[[Xbox Live]]、[[PLAYSTATION Store]]、[[WiiConnect24]])
 
さらに、2005年以降は[[インターネット]]接続機能がある据置型ゲーム機([[Xbox 360]]、[[プレイステーション3]]、[[Wii]])によって、家庭から体験版をダウンロードできるサービスが行われている。(→[[Xbox Live]]、[[PLAYSTATION Store]]、[[WiiConnect24]])
 
==関連項目==
1,442

回編集