「トゥイストー」の版間の差分

m
プリティヴィーがディヤウスを生んだという話の裏付けがとれずコメントアウト
m (robot Adding: es:Tuisto)
m (プリティヴィーがディヤウスを生んだという話の裏付けがとれずコメントアウト)
トゥイスコーはこの栄誉を、彼の息子[[マンヌス]](''Mannus'')と共有した。<!--英語版には「Mannus(Borr)」とありますが、ボルは無視します-->
 
===名前「トゥイスコー」の由来===
[[ヤーコプ・グリム]]によると、'''トゥイスコー'''の名前とその変形した形(''Thuisco''、''Thuiskon''、''Tuisco'')は、神「'''ティウ'''(''Tiu'')」の名に由来する形容詞「''tivisco''」に由来するという。
その名「ティウ」とは、[[ゲルマン祖語]]では「*''Tiwaz''」であるが、インド・ヨーロッパ祖語における天空の神の名「*''Dyeus''」に由来している。そして、それに由来する形容詞は、「天使(''celestial'')」か「ティウの息子」のどちらも意味する可能性がある。
つまり、トゥイスコー(''Tuisco'')の語末の「-isk-」が「裔出」という意味だという仮定によるのだが、「ティウ(''Tuiz'')の後裔」を意味する場合は、ティーウィスコー(''Tivisco'')でなければならない。<ref name=a>タキトゥス『ゲルマーニア』[[泉井久之助]]訳注、[[岩波書店]]〈[[岩波文庫]]〉、1979年、31-33頁。</ref>
しかしテキストで多く見られるのはむしろ「''Tuisto''」のほうである。<ref name=a>タキトゥス『ゲルマーニア』[[泉井久之助]]訳注、[[岩波書店]]〈[[岩波文庫]]〉、1979年、31-33頁。</ref>
 
===名前「トゥイストー」の由来===
より受け入れられるのは、「''tvi-'' (数値の2)」から「''Tuisto''('''トゥイストー''')」となったという説明である。
 
さらにまた、[[ギリシャ神話]]の[[ゼウス]](''Zeus'')と[[インド神話]]の[[ディヤウス]](''Dyaus'')と共通点がある。
まず彼らの名前は、テュールの名と語源的に関係がある。
そしてトゥイストーも大地から生じたと語られている(『ゲルマニア』第2章)。ちょうどゼウス、ディヤウスを[[地母神]](ガイア、''Prthivi'')が出産したように
ちょうどゼウス<!--【】内が英語版にありますが調べても裏付けとれずコメントアウト【、ディヤウス】-->が[[地母神]]([[ガイア]]<!--【】内が英語版にありますが調べても裏付けとれずコメントアウト【、[[プリティヴィー]](''Prthivi'')】-->)によって生み出されたように。
 
== 註 ==
[http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Tuisco&oldid=122936036 英語版Tuisco 2007-04-15 07:05 UTC の版] より翻訳。著者 [[:en:User:Esb82|Esb82]], [[:en:User:FenrisUlven|FenrisUlven]], [[:en:User:LeighvsOptimvsMaximvs|LeighvsOptimvsMaximvs]], [[:en:User:Bloodofox|Bloodofox]], [[:en:User:24.64.223.203|24.64.223.203]], 他。
 
[[Category{{DEFAULTSORT:神|とういすと]]}}
[[Category:古代ゲルマン|とういすと]]
[[Category:古代ゲルマン]]
 
[[de:Tuisto]]
20,517

回編集