「分子マシン」の版間の差分

== 生体分子機械と人工分子機械の比較 ==
生体分子機械は、複雑に形作られたタンパク質ユニット間の相互作用による、高度に洗練された動きや生体内での機能を持つものである。それに対し、人工分子機械は有機合成的に作られているために比較的シンプルな構造を持っていて、実用的な機能を持つものはほとんどなく、発展途上の研究分野である。コンフォメーションの大域的な変化、複数のユニットの協調した動きといった、生体分子機械の動作機構の特徴が明らかになりつつある現在では、人工分子機械の将来性を期待する根拠として、生体分子機械の洗練された高効率・高選択的な機能が、タンパク質の「機械的な動き」によって成されている、という事実が重要となっている。
 
=== 駆動源 ===
生体分子機械は一般的に、[[ATP]]をエネルギー源として動くが、[[ATP合成酵素]]のように膜の両側のプロトン濃度勾配によるエネルギーを駆動源として逆にATPを合成するものなども存在する。
 
合成分子機械を駆動するための刺激としては、[[光]]、[[プロトン]]の付加/脱離、[[酸化還元]]、他の物質との[[化学反応]]といったものが用いられている。
 
== 代表的な研究者 ==
匿名利用者