「シュール」の版間の差分

coment out
(coment out)
これが日本に紹介された際に「シュールレアリスム」または[[英語]]交じりの誤用で「シュールリアリズム」と呼ばれ、シュールと略されるに至った。しかしシュルレアリスムはシュルレエル(超現実) + イスム([[主義]])からなる言葉なので、たとえば「シュール・レアリスム」と真ん中で切って表記するのは誤りであり、一語であるシュルレエルを「シュール」と切るのは日本語独特の省略法であるとはいえ本来の意味からは外れている。なお、シュルレアリスムをシュールと省略するのは日本のみであるという。
 
もとは知識人や学生などに限られたシュールという言葉であったが、次第にシュルレアリスムだけでなく、シュルレアリスムを思わせる物事も「シュール」と呼ぶようになり、一般へと広がっていった。この際、シュールの対象が「超現実」から「非現実」「不条理」「幻想」などへずれてしまったのは、シュルレアリスムの作品が奇抜で難解で、非現実的に感じられたからではないかと思われる。特にシュルレアリスムの画家のなかでも、実験的な手法を用いた画家たちより、[[サルバドール・ダリ]]や[[ルネ・マグリット]]のように、夢のように幻想的な世界や有り得ない世界、非日常的な世界を具象的に描いた画家たちの影響が強いと思われる。                    <!--雑多な人名を羅列するべきではない、きりがない         
== シュールな笑いを持つ芸人 ==
**[[松本人志]]
**[[POISON GIRL BAND]]
**[[ふかわりょう]]
-->
 
== 外部リンク ==
* [http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/10minnw/012sur.html 10分で分かるシュール]
* [http://f2.aaa.livedoor.jp/~shurude/ シュールなページ2] - シュールを題材に笑いを追及してるサイト
 
== 参考文献 ==
匿名利用者