「情報操作」の版間の差分

編集の要約なし
 
==情報操作の対象==
情報操作を意図している対象によって手法は異なり、またある対象によって有効であるものが別の対象に有効であるというわけでもない。情報操作を行う人数と対象となる人数の大小によって、手法を変更する必要がある。数人で1人を対象とすれば、情報操作を行うのは容易であるし様々な手法が使える([[マインド・コントロール]]、[[洗脳]])が、逆に1人で集団を相手に行う際には、手法も限られ、より困難になることが多い。大衆・群衆を誘導する手法は古来[[詭弁]]術として発展したが、マス・コミュニケーションの成立により情報操作の技法は視覚や音響など、弁論以外の技術を包含するようになった。
 
===個人===
*[[噂#デマ]]
*[[NHK番組改変問題]]
*[[マインド・コントロール]]
*[[洗脳]]
 
== 関連書籍 ==
匿名利用者