「ケイトンズヴィル事件の九人」の版間の差分

m
編集の要約なし
(翻訳。en:Catonsville Nine 20:31, 27 August 2007 by 151.199.16.234,Benedett,Ixfd64,Jcsten,76.197.130.161,et al.)
 
m
'''ケイトンズヴィル事件の九人'''('''Catonsville Nine''')は、[[ベトナム戦争]]に抗議するため、[[徴兵]]書類を焼き捨てた、9人の[[カトリック教会|カトリック]]信である。
 
==事件==
彼らは[[1968年]]5月17日に[[メリーランド州]]の徴兵委員会を訪れ、378通の徴兵書類を駐車場へ運び、手製の[[ナパーム]]を浴びせて火をつけた。
 
9人は以下の人たちだった。[[イエズス会]]司祭ダニエル・ベリガン。その兄弟でヨセフ会司祭フィリップ・ベリガン師。デイビッド・ダースト修道士ジョン・ホーガン修道士。芸術家のトム・ルイス。マージョリー・ブラッドフォード・メルヴィルと、その夫である元[[メリノール宣教会]]司祭、トーマス・メルヴィル。ジョージ・ミシュ。元修道女のメアリー・モイラン。
 
フィリップ・ベリガン神父とトム・ルイスは、これより前の、「バリティモアの4人」事件の際に徴兵書類に血をかけて逮捕されており、「ケイトンズヴィル事件」の時には保釈中の身だった。