「助祭」の版間の差分

m
編集の要約なし
(誤字の修正)
m
'''助祭'''は[[カトリック教会]]における[[叙階]]階級教会職務のひとつで、[[司祭]]の補佐を務める聖につぐ職位。ラテン語では diaconus といい、ギリシャ語のδιάκονοςδιάκονος(奉仕者の意)源とする。[[東方正教会]]では[[輔祭]]に相当すの訳語を、聖公会などでは執事という訳語を用いている。
 
[[トリエント公会議]]では「聖職位階の上位」としであったが、[[第2ヴァティカン公会議]](教会憲章29項)ではそれまで存在した副助祭祓魔師、読師、守門という四つの下級叙品が廃止されたため、現代では「聖職位階の下位」(『[[教会憲章]]』29項)するど、時代によって定義の変化が見られる。
 
最近は第二ヴァティカン公会議以来、助祭を[[司祭]]への通過点や、ミサなどの[[典礼]]の一部([[赦しの秘跡]]<[[告解]]や[[聖体]]祭儀<[[ミサ]])を執行できにおける単い、言うなればミニ司祭の補助」と見なすのではなく、助祭として固有の職務を再確認する方向に進んでいる。これに伴い妻帯が許され[[司祭]]にはされず、既婚者もりうる[[終身助祭]](parmanent deacon)の制度が復活し、最近では日本でも登場し始めている。
 
また、中世以降([[教会法]]も)女性助祭は認め男性に限られていないが、[[カルケドン公会議]]などで40歳以上の独身女性の[[叙階]]を認めるなどの例があった教会の歴史において見られる
 
[[de:Diakon]]
5,808

回編集