「松平信興」の版間の差分

編集の要約なし
'''松平 信興'''('''まつだいら のぶおき'''、[[寛永]]7年[[8月11日 (旧暦)|8月11日]]([[1630年]][[9月17日]]) - [[元禄]]4年[[8月12日 (旧暦)|閏8月12日]]([[1691年]][[10月3日]]))は、[[江戸時代]]の[[大名]]、[[若年寄]]、[[大坂城代]]、[[京都所司代]]。[[高崎藩]]大河内松平家初代。
 
大河内[[松平信綱]]の五男、母は[[井上正就]]の長女。幼名・釆女。はじめ治綱、基綱、信衡、興衡などと名乗った。従四位下、侍従。はじめ[[美濃国|美濃]]守、後に[[因幡国|因幡]]守と改める。正室は[[青山幸利]]の娘。養子に[[松平斐章]]、[[松平輝貞]]。
*[[寛文]]2年([[1662年]])4月18日、兄[[松平輝綱|輝綱]]より、新田五千石を分与される。
*[[延宝]]7年([[1679年]])7月10日、若年寄に任ぜられる。1万2千石を領し、大名に列する。
*[[天和 (元号日本)|天和]]2年([[1682年]])2月19日、2万2千石をもって[[土浦藩]]主となる。
*[[貞享]]4年([[1687年]])10月13日、1万石を加増され大坂城代となり、[[摂津国]]・[[河内国]]内へ移封。
*元禄3年([[1690年]])12月26日、従四位下・侍従となり、京都所司代に転ずる。