「アルラタン博物館」の版間の差分

m
lkなど
m (lkなど)
m (lkなど)
'''アルラタン博物館'''('''ムセオン・アルラーテン''')(Musée Arlaten, Museon Arlaten) は、南[[フランス]]の都市[[アルル]]の[[郷土史]][[博物館]]。[[ノーベル文学賞]]受賞[[詩人]][[フレデリック・ミストラル]]が設立した。「ムセオン・アルラーテン」は、「アルル博物館」を意味する[[プロヴァンス語]]である。
 
設立は[[1896年]]のことだが、現在の建物は[[1906年]]に買い上げられたものである。この邸宅の購入にはミストラルが[[ノーベル賞]]を受賞([[1904年]])した際の[[賞金]]が充てられた。この建物は、元々は[[16世紀]]に建てられた私邸(ラヴァル=カステラーヌ邸)であったが、ミストラルは3年間を費やして、博物館としての改装を行った。
 
博物館には、ミストラルが収集したアルルの[[風俗]]、[[文化]]にまつわる品々が展示されており、昔の[[住居]]を再現した部屋もある。また、古[[民具]]や美術品のほかにも、[[フェリブリージュ]]運動や[[プロヴァンス]]文化に関する様々な[[資料]]も収められている。
 
中庭には2世紀の小集会所 (exedre romain) の遺構(石畳と腰掛)が現存している。これは、「[[アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群]]」のひとつとして、[[国際連合教育科学文化機関|ユネスコ]]の[[世界遺産]]に登録されている。
[[Category:フランスの博物館]]
[[Category:アルル]]
[[Category:民具]]
 
[[fr:Musée Arlaten]]