「青木木米」の版間の差分

編集の要約なし
(経歴と代表作を中心に加筆)
'''青木 木米'''('''あおき もくべい'''、[[明和]]4年([[1767年]]) - [[天保]]4年[[5月15日 (旧暦)|5月15日]]([[1833年]][[7月2日]]))は[[江戸時代]]の[[絵師]][[京焼]][[陶工]]である。[[京都府|京都]]生まれ。[[幼名]]八十八。[[字]]は佐平。[[号 (称号)|号]]は青来、百六散人、古器観、亭雲楼、九九鱗、木米、聾米
==生涯==
木米は明和4年(1767年)京都に生まれた。若くして[[高芙蓉]]に書を学び頭角を現すが、後に作陶に目覚めると30歳を境に京都・[[粟田口]]に釜を開き評判を得る。5年後には[[加賀藩]][[前田家]]の招聘を受け、絶えていた加賀[[九谷焼]]の再生に尽力した。陶工としては煎茶器を主に制作。[[白磁]]、[[青磁]]、[[赤絵]]、[[染付]]などその作域は幅広い。中国古陶磁への傾倒から、中国物の写しに独自の世界を開いた。文人画系統に属する絵画にも秀作が多い。天保4年(1833年)死去。享年67歳。
匿名利用者