「土井利延」の版間の差分

編集の要約なし
m (+先代次代等)
編集の要約なし
{{武士/終了}}
 
'''土井 利延'''('''どい としのぶ''')は、[[肥前国|肥前]][[唐津藩]]の第3代[[藩主]]。土井家宗家7代
 
享保8年(1723年)、分家で5000石を領した大身[[旗本]]・利清の嫡男として生まれる。唐津藩の第2代藩主である土井利実の実子長男であった[[土井利武]]が享保18年([[1733年]])に早世したため、利実の[[養子]]として迎えられる。[[元文]]元年([[1736年]])利実の死去により[[家督]]を継いで第3代藩主となる。
 
元文2年([[1737年]])12月、従五位下・大炊頭に叙位・任官する。しかし幼少のため、家老の[[土井内蔵]]が政務を代行した。延享元年(1744年)に死去。享年22。
 
後を弟で養子の土井利里が継いだ。
 
{{先代次代|[[唐津藩|土井氏(唐津藩3代)藩主]]|1736年 - 1744年|[[土井利実]]|[[土井利里]]}}
匿名利用者