「田能村竹田」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎代表作: 厳密に言えば国指定重文という用語は無い)
'''田能村竹田'''('''たのむら ちくでん'''、[[安永]]6年[[6月10日 (旧暦)|6月10日]]([[1777年]][[7月14日]]) - [[天保]]6年[[8月29日 (旧暦)|8月29日]]([[1835年]][[10月20日]]))は、[[江戸時代]]後期の[[南画]]([[文人画]])家。名は孝憲。字は君彜(くんい)。通称は竹蔵。別号は老画師・九畳・仙史など。
 
[[豊後国]][[岡藩]]の藩医の家に生まれ、[[藩校]]の[[由学館]]で学び同校の儒員から頭取まで進んだ。また儒学を学ぶため[[熊本]]や[[京都]]に遊学もしている。この間『[[豊後国志]]』の編纂に携わり、また、地元の画家に画を学び、江戸の[[谷文晁]]に現在でいう通信教育まで受けている。[[1811年]]([[文化 (元号)|文化]]8年)[[専売制度]]に反対して藩内に農民[[一揆]]が発生し、その際改革を要求する建言書を藩に2度提出したが受け入れられず、[[1812年]](文化9年)辞表を提出した。それ以後豊後と京阪との間を行き来しながら、[[岡田米山人]]・[[岡田半江]]・[[浦上春琴]]・[[頼山陽]]・[[菅茶山]]・[[青木木米]]などの文人たちと交流を持ち、[[大阪]]の藩邸で亡くなった。
 
==代表作==
匿名利用者