「橘家圓蔵」の版間の差分

編集の要約なし
'''橘家 圓蔵'''(たちばなや えんぞう)は、[[江戸噺家]]の[[名跡]]。当代は8代目。
 
嘗ての屋号は「立花屋」であった。初代圓蔵が後に[[三遊亭圓生 (2代目)|2代目三遊亭圓生]]襲名した為、以後しばらくの間「橘家」は三遊亭のサブ的な家号になる。
 
圓蔵の名は「橘家」の[[止め名]]にあたり、[[三遊亭圓生|圓生]]襲名する落語家が名乗る事も少なくなく、上記の経緯もあって6代目圓蔵までは[[三遊派]]の落語家によって受け継がれてきたが、6代目圓蔵が[[三遊亭圓生 (6代目)|6代目三遊亭圓生]]襲名後、空席だった事により、[[桂文楽 (8代目)|8代目桂文楽]]と圓生の相談により、文楽の弟子[[月の家圓鏡|4代目月の家圓鏡]]が7代目圓蔵襲名する事になり、名跡の系統が三遊派から桂派に変わった。
 
*初代立花屋圓蔵 - 元は花生。[[三遊亭圓生 (初代)|初代三遊亭圓生]]門下。後の[[三遊亭圓生 (2代目)|2代目三遊亭圓生]]。本名、尾形清治郎。
匿名利用者