「クイックディスク」の版間の差分

雑草取り
(IL+en(非独立項目))
(雑草取り)
 
==特徴==
同心円状に複数のトラックがある[[フロッピーディスク]]と異なり、クイックディスクには、[[レコード]]の溝のように、渦巻状のトラックが1本だけ存在する。3.5インチおよび3インチに比べ安価で小型低容量な用途として開発された。当時パーソナルユースでの補助記憶装置として主流だった[[データレコーダ]]の[[磁気テープ|テープメディア]]を、そのままディスク状にしたようなものと言える。1984年に発表された。
 
ディスクサイズは2.8インチ。磁気面が両面に塗布されており、裏返しにすることで両面が使える。ジャケットは78×78×3mm、プラスチック製でシャッターはなく、紙製のスリーブに入れて保存する。ライトプロテクトはツメを折り取ることにより行う。3.5インチマイクロフロッピーディスクより小さく、3インチコンパクトフロッピーディスクより薄い。
アンフォーマット時の容量は片面64Kバイト。両面で128Kバイト。最大記録密度は4410BPI。トラック密度は59TPI。ディスク回転数は423rpm。MFM記録。コントローラICは富士通製MB87013とi8251の組み合わせもしくはZ80-SIO単独の採用例が多く、CRCによるエラー確認をしている。
 
クイックディスクでは、片面全部を順に一気に読み出しまたは書き込みする[[シーケンシャルアクセス]]が可能で、任意部分への[[ランダムアクセス]]は基本的に不可能である。これは、ドライブの機構が[[フロッピーディスク]]に比べて単純化されており、ヘッドは「スイープ」しか行えず、「[[シーク (コンピュータ)|シーク]]」が不可能。しかしながら、片面すべてを読み出しまたは書き込みするのに8秒しかかからないので、64キロバイトの[[Dynamic Random Access Memory|DRAM]]を併用すれば、読み出し→RAM上でのランダムアクセス→書き込みという順序を踏むことで、擬似的にランダムアクセスを実現することが出来る。
 
==採用システム==
また[[任天堂]]の[[ファミリーコンピュータ ディスクシステム]]に、ジャケット形状を変更し「ファミリーコンピュータディスクカード」の名称で採用した。本来のクイックディスクよりもジャケットが厚く、シャッターを付けたカードもある。模倣品を防ぐためジャケット面に商標エンボスキーを施してある。
 
よくた用途、構造の製品に[[シャープ]][[ポケットコンピュータ]]シリーズ用の2.5インチポケットディスクがあるが互換性はない。
 
[[Category:磁気ディスク|くいつくていすく]]
匿名利用者