「有効需要」の版間の差分

 
==比較概念==
[[マーケティング]]の世界(ミクロ)では、具体的な販売に結びつく水準での需要という意味から[[顕在需要]]と表現されることがある。また具体的な購買力にもとづかない需要、たとえば賃金がもう少し増えれば(あるいは所得がもう少しあれば)購入できる、<!--今は失業しているがすぐに雇用されれば購入できる、金利がもう少し低ければ購入できる、-->価格がもう少し安ければ購入できる、などといった需要を[[潜在需要]]と<!--し、有効需要に比較-->することがある<!--<ref>ここでいう潜在需要は売れ残りを解消する水準での需要を意味していると解釈できる。この潜在需要に顕在需要(これが有効需要にあたる)が達しない場合、売れ残りが発生する。</ref>-->。[[アンケート]]のサンプル調査で新商品を提示し購入意欲を調査する場合、調査結果と現実の購買行動はかならずしも一致しない。この場合、対象商品を複数の従来商品と比較してどちらに購買上の魅力を感じるか聴取する手法が潜在需要の把握に有効である。より規模の大きな事例、たとえば代替交通機関の導入や新技術の導入などの公共・産業政策においても潜在・顕在需要の概念は利用される。堆肥やウエスなど自家生産・自家消費の傾向がある商材の潜在需要は顕在需要(有効需要)と大幅に乖離している可能性がある
 
(事例)
*[http://www.mlit.go.jp/crd/tosiko/case/pdf/plan_6.pdf 路線バスの需要実態]
*[http://research.goo.ne.jp/database/data/000153/ ディーゼル乗用車の潜在需要調査]
*[http://leio.lin.go.jp/taihi/tjk/taihi_riyou.html 堆肥の潜在需要]
*[http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/data/research/h16fy/model16-6_2.pdf ウエスの需要実態]
*[http://www.j-reform.com/pdf/opinionaire.pdf 住宅リフォームの需要実態]
 
==脚注==
匿名利用者