「正岡容」の版間の差分

編集の要約なし
{{文学}}
'''正岡 容'''(まさおか いるる、[[1904年]][[12月20日]] - [[1958年]][[12月7日]])は、[[作家]]、[[落語]]・[[寄席]]研究家。[[尾上菊五郎 (6代目)|6代目菊五郎]]の座付作者ともいわれた。作家としては、[[永井荷風]]、[[岡本綺堂]]、[[吉井勇]]等の影響を受けている。前名は平井蓉。
 
門下に[[小沢昭一]]、[[大西信行]]、[[永井啓夫]]、[[桂米朝 (3代目)|3代目桂米朝]]、[[都筑道夫]]、[[加藤武]]、[[小島貞二]]らがいる。
 
==生涯==
[[東京都]][[千代田区]][[神田 (千代田区)|神田]]生まれ。[[京華高等学校|京華中学校]]卒業在学中、[[短歌]]を[[吉井勇]]、[[戯曲]]を[[久保田万太郎]]、[[川柳]]を[[阪井久良伎]](くらき)に学び、それぞれの弟子と称する。[[1922年]]、歌集『新堀端』、小説紀行集『東海道宿場しぐれ』を刊行。[[1923年]]、[[日本大学]]入学。同年、19才で発表した小説『江戸再来記』が[[芥川龍之介]]に絶賛されたのを機に、文筆活動に入り、大学は中退。
 
昭和初年、[[大阪]]に都落ちした際、記者時代の[[真杉静枝]]と恋に落ちて情死を図ったが未遂に終わる。その後東京に戻り、[[小島政二郎]]に入門して小説を修業。[[1933年]]に'''蓉'''から'''容'''に改名。[[1941年]]、[[三遊亭圓馬]]の夫人の紹介で、[[舞踏家]]の[[花園歌子]]と結婚。[[太平洋戦争]]の直前、雑誌『日の出』に発表した『円太郎馬車』が[[古川ロッパ]]の主演により東京有楽座で上演される。
 
[[1945年]]、[[東京大空襲]]により自宅が全焼し、その年の11月、友人の川柳作家・[[阪井久良伎]]の紹介により[[市川市]]に移住、[[1953年]]10月まで住んだ。
また、落語を3代目[[三遊亭圓馬]]に師事し、多くの演目を物にしており、高座にも上がっている。圓馬が[[1916年]]に大阪へ復帰した際には、共に来阪している。
 
喜怒哀楽が激しく賑やかな人柄から[[ジャズ]]という綽名があった。酒癖の悪さでも知られ、戦後、雑誌の座談会の帰途、[[安藤鶴夫]]に暴力をふるったこともある。
[[1933年]]に'''蓉'''から'''容'''に改名。[[1941年]]、圓馬の夫人の紹介で、[[舞踏家]]の[[花園歌子]]と結婚。
 
[[頚動脈]]破裂のため[[慶應義塾大学病院]]で死去。死の数日前に詠んだ辞世の歌に「打ち出しの[[太鼓]]聞えぬ[[真打]]はまだ二三席やりたけれども」。
 
[[Category:日本の小説家|まさおか いるる]]
177

回編集