「リン・コンウェイ」の版間の差分

Link修正
m
(Link修正)
男性として生活している期間に、コンウェイは女性と結婚し、2人の子供も儲けた。IBMでの職を失い、子供との面会もできなくなり、コンウェイは女性プログラマとして人生をやり直すこととなった。[[1973年]]、[[パロアルト研究所]]で働くようになり、ここで[[カーバー・ミード]]と共にVLSIの設計について研究し、有名な著書『超LSIシステム入門』(''Introduction to VLSI Systems'')を出版した。
 
[[1980年代]]初め、コンウェイは[[高等研究計画局|DARPA]]で働いた後、[[1985年]]、[[ミシガン大学]]の教授となった。1989年、[[全米技術アカデミー]]に選ばれた。<!-- 何に? フェロー? -->
 
[[1998年]]12月に引退し、完全に女性として生きていくことを決めた。1999年、IBMでの話が公けにされ、以来コンウェイは性転換を望む人々の代弁者として活動している。
35,270

回編集