「怡土城」の版間の差分

リンクの追加と過剰なカテゴリの削除
(新規記事、奈良時代の山城、九州北部防衛の拠点のひとつ)
 
(リンクの追加と過剰なカテゴリの削除)
'''怡土城'''(いとじょう)とは、8世紀[[奈良時代]][[福岡県]][[福岡市]][[前原市]]との境にある[[高祖山]]の山腹西斜面に築かれた山城のこと。国指定[[史跡]]
 
== 経緯 ==
[[続日本紀]]によると、[[遣唐使]]一行に加わること2度留学し、その後[[大宰府]]政庁の高官となった[[吉備真備]]が、[[孝謙天皇]]の命により天平勝宝8年(756年)6月築城に着手。途中吉備が[[東大寺]]造営で[[佐伯今毛人]]と交代し神護景雲2年(768年)2月、完成されたとされる。
当時唐では、[[玄宗]]皇帝に対する「[[安禄山の乱]]」が勃発し、朝鮮半島では[[新羅]]が日本の国使との会見を拒否するなど、対外的な緊張が高まり九州の防備が急務となっていた。
 
== 構造 ==
{{japanese-history-stub}}
[[Category:福岡県の城]]
[[Category:史跡]]
[[Category:福岡県の史跡]]
[[Category:前原市]]
1,499

回編集