「酒税」の版間の差分

==酒造税から酒税へ==
 
[[日本]]において、酒類に関する課税は[[中世]]の頃から「[[壷銭]]」・「酒役([[酒屋役]])」・「麹役」として行われてきた。
 
[[江戸幕府]]では、[[酒造統制]]のために当初は[[酒株]]制度を導入していたが、[[1697年]](元禄10年)、幕府が税収のさらなる向上を企図して、造り酒屋に対して現行の酒価格の五割もの'''酒運上'''(さけうんじょう)と呼ばれる[[運上金]]を課すことにした。ここでいう運上金とは、今でいえば「造り酒屋の営業税」と「酒株」という「免許」の発行手数料などのことである。ところが、酒屋たちが生産を控えるようになったため、はじめ幕府が期待したような税収は得られなかった。生産量が減って酒の値段は高騰したが、それで下々の者が飲酒をしなくなるかというと、そういう結果も出なかった。このため運上金は[[1709年]](宝永6年)に廃止された。ただし、以後も[[冥加金]]として復活する事になる。また[[各藩]]でも独自に酒税を定める事があった。
匿名利用者