「山田スイミングクラブ」の版間の差分

編集の要約なし
m
創設1年半後の[[1966年]]8月に開催された日本水泳選手権では、出場27選手のうち25選手が入賞。6種目で優勝するなど英才教育の成果を現している。
 
だが[[1972年]]12月にはオリンピックメダリストを養成するとした初期の目標を達成し、加えて山田輝郎が高齢となったして本業の[[大衆薬]]事業に経営を振り向けるため解散を発表し、選手や指導ノウハウなど[[イトマンスイミングスクール]]に受け継がれた。
 
==主な出身選手==
匿名利用者