「ダブ・プレート」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''ダブ・プレート'''('''Dubplate''')は本来、直径12インチ、または10インチ、7インチの[[アセテート盤]]である。この名称は主に[[レゲエ]]の[[サウンド・システム]]にて作られた言葉だが、[[ドラムンベース]]やその他のダンスミュージックのDJやサウンド・システムにおいても使用される。
 
これらダブ・プレートは、通常はサウンド・システムのために作られた、一般にリリースされない録音、入手できないバージョン、あるいは既存の録音のリミックスである(最終的には一般に流通することもある)。生産されるビニール盤よりもはるかに安価で作ることが可能なため、リリースする前の市場の評価を調査するために使用される。アセテート盤は寿命が限られていて、50回ほど使用することができる。ビニール盤で作られるダブ・プレートは、特にリリースする予定がない録音に適している。
匿名利用者