「アウグスト・セサル・サンディーノ」の版間の差分

編集の要約なし
[[Image:Augusto Sandino (centre).jpg|thumb|300px|right|アウグスト・セサル・サンディーノ(中央)]]
 
'''アウグスト・セサル・サンディーノ'''('''Augusto César Sandino''', [[1895年]][[5月18日]] - [[1934年]][[2月21日]])は、[[ニカラグア]]の[[革命家]]。[[1927年]]から[[1933年]]にかけての駐ニカラグア[[アメリカ海兵隊]]に対する抵抗運動の指導者であった。政治的な理由によりアメリカ政府からは盗賊と見なされ、その功績は彼を[[ラテンアメリカ]]ナショナリズム(アメリカ主義)の英雄とした。
 
彼は[[キューバ]]の[[ホセ・マルティ]]や[[ウルグアイ]]の[[ホセ・エンリケ・ロドー]]が認めて以来燻っていた、[[アングロ・アメリカ]]とは異なるラテン・アメリカの精神的な価値を体現する存在として、ロドーがアリエルを書いてからずっと燻っていた、ラテンアメリカにおける[[アメリカ合衆国]]の支配に対する抵抗運動のシンボルとなった。サンディーノは[[ニカラグア民族主権防衛軍]]を組織し、アメリカ軍を不正規ゲリラ戦に引きずり込み、その捕縛の手からうまく逃げおおせ、最終的にはアメリカ軍に撤退を強いてニカラグア政府からも著しい譲歩を得た。しかしながら彼は[[1934年]]にニカラグア[[国家警備隊]]司令官の[[アナスタシオ・ソモサ・ガルシア]]将軍によって殺害される。しかし、彼の遺志は[[サンディニスタ民族解放戦線]]に引き継がれ、[[1979年]]にニカラグアを親子三代に渡って支配していた[[ソモサ]][[独裁]]政権は打倒された。
 
==生い立ち==
825

回編集