「無党派」の版間の差分

日本では特定の政党に帰属せず、支持政党をはっきり決めていない有権者が多い。そして、選挙の度に公職選挙の候補を変えることもある。そのため、公職選挙において当選するには、無党派の支持を拡大することが重要といわれている。
 
[[1995年]]に[[東京都知事選挙]]と大阪府知事選挙で無所属の[[青島幸男]]・[[横山ノック]]両候補が当選し、既成政党の候補が敗れた時、無党派が注目されるようになった。同年、無党派は[[新語・流行語大賞]]に選ばれた。
 
== 無党派拡大の背景 ==
匿名利用者