「グミ・チョコレート・パイン」の版間の差分

編集の要約なし
{{文学}}
『'''グミ・チョコレート・パイン'''』は[[大槻ケンヂ]]の半自伝的[[小説]]及び、それを原作とした[[漫画]]、[[映画]]。小説は「グミ編」「チョコ編」「パイン編」3部作になっている。小説のおり、カバー絵は[[江口寿史]]によるものである。
 
== 概要 ==
主人公ケンゾーはグラビア雑誌片手に日々オナニーをしまくる、孤高のオナニスト。自分が通う高校の凡庸な同級生たちとの差別化を図るため、映画や小説、ロックに傾倒し、ノイズバンド「自分BOX」に憧れ数少ない友人たちとハードなノイズバンド、『キャプテン・マンテル・ノーリターン』を結成。一方、ケンゾーの憧れていた同じクラスの山口美甘子が自分と同じカルト映画好きであることが判明。そんなある日、ケンゾーは美甘子を思わぬところで目にすることになる。
== 漫画 ==
[[佐佐木勝彦]]による[[漫画]]もあり、2000年~2005年まで[[マガジンGREAT]]で連載されていた。単行本は全6巻
 
== 映像化 ==
匿名利用者