「電子ピアノ」の版間の差分

m
一方、以下のような弱点もある。
* 発音源がせいぜい口径10~20cmのスピーカーであり、大面積の響板を主な音源とするピアノとは音の広がりや豊かさに本質的な違いがある。
* 電子技術を用いた機器であるがゆえに、その構成部品、特に[[集積回路]]などの電子部品は非常に精密でかつ陳腐化(更新)が速い。このため、製造後長期間経った電子ピアノが故障した場合、もし故障の原因が専用の集積回路などの部品ででかつ製造元にもはや交換部品の在庫がない場合などは修理不可能となり、楽器全体を廃棄するしかない。これに対して、ピアノは如何に精密な機構部品で構成されているとはいえ、所詮[[19世紀]]以前の技術で作られたものであり、部品が故障、磨耗、破損しても町工場レベルの手工業技術で修理したり、木材、金属、布などの素材から再生が可能であり、修理が可能である。現に、100年以上前に製造されたピアノを再生して新品と同じように使えるようにすることは珍しくない。{{要出典}}[http://www.piapit.com]
 
結局のところ、電子ピアノはピアノを置き換えるまでにはいたっておらず、また将来もその可能形はないと思われる。経済的その他さまざまな理由で本物のピアノを使えない場合のあくまでも「ピアノの代わり」として割り切るか、またはその形状や多機能に注目して、ピアノとは別の楽器としてべきであろう。特に、電子ピアノ(とピアノ)を製造しているメーカーでさえ、幼児の入門楽器には電子ピアノよりもピアノのほうがふさわしいことを強調していることは注目に値する。
152

回編集