「天災 (落語)」の版間の差分

m
(新しいページ: '天災 (てんさい) は、古典落語の演目の一つ。上方・江戸双方で口演されており、基本的な筋書きは同じ。 {{ネタバレ}} ...')
 
 
== あらすじ ==
(内容の一部は上方、あるいは江戸落語で特有のもの。人物名は江戸落語に準拠)
 
 
[[長屋]]に住む[[短気]]で喧嘩っ早い[[八五郎]]。夫婦喧嘩で嫁を殴り、止めに入った実の母まで手を出して町内のご隠居のところへ転がり込んだ。あきれ返ったご隠居は「'''紅羅坊奈丸'''(べにらぼう・なまる、名丸とも)」という心学 ([[石門心学]]) の先生を紹介した。
 
ご隠居からの手紙を読んだ奈丸は、八五郎に「短気は損気」「[[孝行]]のしたい時分に親は無し。さればとて、石に布団を着せられず」「ならぬ堪忍するが堪忍」などと諭したが一向に理解しない。そこで例え話をする。
 
'''「天災じゃない、うちは『先妻』でもめてるんだ」'''
 
 
== 関連項目 ==
242

回編集