「ウソスコア」の版間の差分

m
また、他のライバル[[スコアラー]]から疑問を持たれ、発覚したケースも数多くある。極端な例を挙げると、あるゲームで自分の記録を抜かれたスコアラーが提示スコアを不審に思い、記録を破った店まで何時間もかけて、片道数万円という大金をつぎ込んでまで新幹線や私鉄を乗り継ぎ、わざわざ遠く離れたその店まで足を運び、店員に記録について「このゲームでこのスコアを出す事は物理的に不可能である」という事を、いくつかの理論と証拠を元に説明しながら問い詰めた所、店員が記録申請者と共謀して、嘘のスコアを申請した事を認めたという事もあった。
 
これはいくら何でもありえないと思う人は多いと思うが、本当にあった実話である{{要出典}}(このような、普段行かない店舗まで足を運ぶ行為は[[遠征]]と呼ばれている)。
 
===基本的な一例===
198

回編集