メインメニューを開く

差分

新規作成(リダイレクト解除、書き下ろし)
'''ラミナリア'''は、[[子宮|子宮頸管]]の拡張等に用いられる、棒状の[[医療機器]]である。'''ラミナリア桿'''(かん)ともいう。[[コンブ]]の茎根を原材料とするものが伝統的なラミナリアであるが、近年では高分子材料を原材料とする、ラミナリアに類似した子宮頸管拡張器も登場している。
#REDIRECT [[コンブ]]
 
医療機器の国際分類であるGHTFルールによれば、IからIVまでの4つあるクラス分類の中で最も危険度の低いクラスIに該当する。日本では、類別「機械器具52 医療用拡張器」に分類されている。市場に流通しているものは、電子線滅菌若しくは[[酸化エチレン|エチレンオキサイドガス]]によって[[滅菌]]済みの製品が主流である。
 
==原材料と形状==
[[画像:Lami.jpg|thumb|350px|(図1)ラミナリアの形状]]
[[画像:Lami2.jpg|thumb|350px|(図2)高分子材料製のものの形状(例)]]
 
原材料は主に[[コンブ|オニコンブ]](羅臼昆布)の茎根である。この茎根部を裁断、成型して製造される。
 
ラミナリアは、長さ6~8センチメートル程度、直径は約2~8ミリ程度の円筒形で、子宮頸管に挿入しやすい形状となっている。また、挿入部と反対側には、輪状に糸が付けられている(図1参照)。この糸は、子宮頸管に挿入された複数のラミナリアを結索するために使用されるものである。ラミナリアは通常複数本挿入されるが、これは、単数使用の場合十分に拡張の目的を達せないことがあるためであり、また、抜去時に外子宮口と内子宮口の間の圧でラミナリアが破損することを防ぐ意味もある。糸はラミナリアの抜去の際に引っ張るためのものではない(糸を引っ張ると本体を断裂させる可能性がある)。
 
高分子材料製のものは、本体が[[スポンジ]]状となっており、子宮頸管に挿入しやすいように先端に30度程度の傾斜を持たせている製品もある。挿入部と反対側には、ラミナリアと同様に糸がついている。
 
==原理==
[[画像:Female reproductive system frontal zh-tw label.png|thumb|200px|子宮頸の位置]]
乾燥したコンブは水分を吸収すると膨張するという性質をもつ。この性質を利用して、医療用拡張器の原材料としてコンブが利用されたのである。
 
ラミナリアは、[[妊婦]]の子宮頚管部に挿入されると、体内組織の水分を吸収し、緩やかに膨張を始める。ラミナリアは通常複数本挿入される。膨張を始めたラミナリアは、[[バルーン]]を入れた場合と同様に、子宮頸管の接触面を外に向かって圧迫する。これによって、子宮頸管が拡張するのである。
 
==使用目的、使用方法==
使用目的としては、[[分娩]]の誘発が挙げられる。とくに[[陣痛]]が微弱等で子宮口が十分に開大していないような症例で使用される。また、[[人工妊娠中絶]]手術前にも使用されることがある。
 
使用時の手順は概ね次のとおりである。まず[[膣|膣腔]]を十分に消毒する。子宮膣部前唇を[[鉗子]]等で把持して子宮を固定し、子宮ゾンデ診を行い子宮の向き、大きさを確認する。次に、鉗子を用い、ラミナリアを1本ずつ、複数本をゆっくりと挿入し、糸部に滅菌ガーゼを通してラミナリアを結索する。
 
ラミナリアは12時間から24時間で、使用前の2~3倍程度まで膨張し、目的を達した後24時間以内に抜去される。ラミナリアの使用は短時間(24時間以内)に限られるが、これはラミナリアが、24時間を超える使用が想定されない「一般医療機器」(クラスI)に分類されているためである。
 
子宮頸管部が強靭でラミナリアの挿入が困難な場合には、あらかじめ金属製の子宮頸管拡張器で拡張しておくことがある。また、分娩誘発目的の場合で、十分に子宮頸管が拡張しない場合には、陣痛誘発剤が投与されることもある。
 
==参考文献==
*[http://ej.islib.jp/ejournal/1409100946.html 臨床婦人科産科(ISSN:03869865)57巻4号(2003.04)P.375-377(ISID:1409100946)]
 
==関連項目==
*[[産婦人科]]
*[[妊娠]]
 
{{DEFAULTSORT:らみなりあ}}
[[Category:医療機器]]
[[Category:医学]]
9,569

回編集