「伊東怜」の版間の差分

編集の要約なし
(宣伝リンクの削除)
 
* [[2006年]]1月 - 『フィナーレ』のレンタル開始をもって引退。
 
キレがよく、かつ高い柔軟性も兼ね備えていたスレンダーボディと過激な演技を武器に、[[2000年代]]前半のビデ倫系女優ではトップクラスの人気を誇っていた。インディーズデビューも待望されていたが活動前期はh.m.p、後期はマックス・エー専属を貫き通し、引退とともにすっぱり姿を消している。
 
== 作品 ==