「ジャンクDNA」の版間の差分

→‎概要: 推測による不正確な記述の削除
(→‎概要: 推測による不正確な記述の削除)
因みに[[玉葱]]のゲノムサイズはヒトゲノムの約12倍であり、ヒトより多くの"ジャンク"をふくんでいると考えられる。
このように、ゲノムにおける「機能を持っている(推測できる)領域」と「"ジャンク"な領域」の比率は種によって著しく違うようである。
 
*追記
[[2005年]]、[[理化学研究所]]を中心とする国際研究グループは[[ハツカネズミ|マウス]]の細胞内の[[トランスクリプトーム]]分析を行い、トランスクリプトームで合成される44,147種類のRNA中、53%に相当する23,218種類が[[蛋白質]]合成に関与しないものであること、蛋白質合成をおこなうコード配列であるセンスRNAの発現は蛋白質合成を行わないアンチセンスRNA(センスDNAと相補関係にある)によって制御されていることを突き止めた。<br />
この発見により、ジャンクDNAは実際には機能していることが分かり、従来のDNA観、ゲノム観を大きく転換する契機となると期待されている。
 
== 起原と機能に関する仮説 ==
147

回編集