「ジャンクDNA」の版間の差分

不確定な情報に対する外部リンクの削除
(不確定な情報に対する外部リンクの削除)
そのため、進化論的な時間のスケールにおいて'ジャンクDNA'の量は、自然選択における懲罰的な損失を被る事なく利用可能なエネルギーおよび物質量を維持できるような水準に、削除的な変異によってが削減されると考えられる。
発見された時ほど多量とは考えられていないにせよ'ジャンクDNA'が存在しているという事実は、ポピュラーな科学で一般的に考えられている、よりエネルギーを維持するような[[自然選択説|自然選択]]の要求がそれほど厳しくないことを示唆している。
 
== 外部リンク ==
*[http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2005/050902/index.html 哺乳動物のトランスクリプトームの総合的解析による「RNA新大陸」の発見] - 理化学研究所のプレスリリース
 
== 参考文献 ==
147

回編集