「カード (食品)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''カード'''(英語 '''curd''', オーストリア '''der Topfen''')は、[[牛乳]]や[[ヤギ]]・[[水牛]]などの[[乳]]に、[[酸]]や[[レンネット|キモシン]]などの[[酵素]]を作用させてできる凝固物のこと。[[チーズ]]の製造に用いられるほか、そのまま食べることもある。乳の蛋白タンパク質や[[乳脂肪]]分が多く含まれ、このカードを成型して熟成させたものが[[ナチュラルチーズ]]である。
 
乳からカードを除いた液は[[乳清|ホエー]]([[乳清]])といい、[[蛋白タンパク質]]、[[ラクトース|乳糖]]、[[ビタミン]]、[[ミネラル]]などが含まれる。
 
[[オーストリア]]では軽食への詰め物として使われる。
[[インド]]や[[スリランカ]]など[[南アジア]]の旧[[英国]][[植民地]]では、むしろ[[ヨーグルト]]の意味で用いられることが多い(南アジアのカードについては、[[ダヒ]]を参照)。
 
乳以外の蛋白タンパク質を凝固させた食品、例えば[[豆腐]]も、ビーンカード(bean curd、[[豆]]のカード)と呼ばれることがある。
 
== カードを使った食品 ==
20,712

回編集