「カール・ゲルデラー」の版間の差分

編集の要約なし
'''カール・フリードリヒ・ゲルドレール'''(''Carl Friedrich Goerdeler'', [[1884年]][[7月31日]] - [[1945年]][[2月2日]])は、[[ドイツ]]の保守政治家および反[[国家社会主義ドイツ労働者党|ナチス]]活動家。ゲルデラーとして知られる。
ゲルドレールは[[プロイセン]]の役人の息子として[[ポズナニ|ポーゼン]]のシュナイデミュール(現[[ポーランド]]の[[ピワ]])で生まれた。彼は法律を学び、[[第一次世界大戦]]後にはドイツ国家人民党(DNVP)に参加した。[[カリーニングラード|ケーニヒスベルク]]助役副市長を務めた後、1930年に[[ライプツィヒ]]の市長に選出された。
 
ゲルドレールは[[国家社会主義ドイツ労働者党|ナチス]]の人種政策に反対した。ナチスと協力したDNVPを1931年に離党した。1933年にはゲルドレールはナチスに反対する少数の政治家のうちの一人となった。1936年にナチスがユダヤ人故に[[フェリックス・メンデルスゾーン]]の記念碑を破壊した時、ゲルドレールは再建に尽力した。その後彼は再選を求めず市長職を辞職した。