「伊古田純道」の版間の差分

m
+Cat等
(新しいページ: ''''伊古田純道 '''(いこだ じゅんどう、享和二年(1802年)~明治十九年(1886年))は日本の医者。本名'''伊古...')
 
m (+Cat等)
'''伊古田 純道 '''(いこだ  じゅんどう、[[享和]]2([[1802年]])~) - [[明治]]十九19([[1886年]]))))は日本の[[医者]]。本名'''伊古田寧'''。幼名富次郎、忌み名は重満、号は楢陵、白茅樵舎主人。日本初の[[帝王切開]]を行い、成功させた。
 
== 生涯 ==
=== 出生 ===
[[伊古田村]](現[[秩父市]])生まれ。幼名富次郎。
 
=== 開業 ===
[[番匠村]](現[[ときがわ町]])の有名な[[産婦人科医]]、[[小室元長]]から[[オランダ]][[医学]]等を学び、後に[[江戸]]で学び、秩父で開業した。
 
=== 帝王切開 ===
[[嘉永]]5([[1852年]])[[埼玉県]]坂元村(現[[飯能市]]で日本で最初の帝王切開を、[[南川村]]([[飯能市]])の医者[[岡部均平]]と行い、胎児は既に死亡していたが、母体は助かり成功させた。
 
== 著書 ==
*「子宮截開術実記」
*「撒羅満氏産論抄書」
*漢詩集 「楢陵遺稿」
*手稿 「賊民略記」、「新政或問」、「志学大意」、「甲申詠草」
 
{{DEFAULTSORT:いこた しゆんとう}}
{{People-stub}}
[[Category:日本の医師]]
[[Category:1802年生]]
[[Category:1886年没]]