「ネメシス'90改」の版間の差分

→‎概要: ストツーに記述すべきでは?
(→‎概要: ストツーに記述すべきでは?)
基本的には原作『[[グラディウス2]]』と同じだが、システムやステージ構成などに細かい変更がある他、[[グラフィック]]の大幅なクォリティアップが為されており、全体的には[[アーケードゲーム|アーケード]]版の『[[グラディウスII -GOFERの野望-]]』相当に近づけられている印象がある。
 
しかしながら、本作への評価は賛否両論であり、とくにオリジナルのMSX版から遊んでいたユーザーに、本作の出来に満足しなかった者が多く存在した。その大きな原因としてはパワーアップやステージなどゲーム内の仕様にもリメイクが加えられたことや、『[[グラディウス (ゲーム)|グラディウス]]』シリーズでも1、2を争うほど難易度の上昇が早い作品となってしまったことが挙げられる。また[[バックグラウンドミュージック|BGM]]が音源が異なるにも関わらず満足な制御、アレンジ、音色作成が行われておらず、音程が辛うじてあわせられているレベルの為、SCCを活用していであっ原曲に比べチープに聞こえてしまうことも不評の原因と言われている。<!--これは同社に音楽に精通したスタッフが居ない事に起因しており、移植元と同じ音源であれば遜色の無い再現であるものの、同社移植のストリートファイターIIにおいてもMIDI音源によるBGM再生は惨憺たる物である。これを受け、スーパーストリートファイターIIでは、CAPCOM側でMIDIのシーケンスデータを用意しているほどである。-->
 
反対に、アーケード版のグラディウスシリーズ(主に『グラディウスII』)に親しんでいたプレイヤーやオリジナルを知らないプレイヤーからは比較的良い評価をされている。グラフィックが『グラディウスII』に近い事から手をつけやすかったり、アーケード版(またはそれを元にした移植作)にはない新しい世界観やゲームシステムが新鮮に見えたことが要因とされる。このためゲームとしては、[[X68000]]のゲームとして製作されたリメイク版として、良作の部類であると判断される。