「ビスムチン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (前の版は翻訳です。翻訳元:en:Bismuthine 22:33, 13 December 2006 (UTC) CmdrObot, Beetstra, Benjah-bmm27, Smokefoot, Berserker79 et al. より、でした。)
m
| 出典=<!--en:Bismuthine: density, bp-->
}}
'''ビスムチン''' (bismuthine) は、[[ビスマス]]の[[水素化物]]にあたる[[無機化合物]]で、[[アンモニア]]の類縁体としてはもっとも重い分子である。沸点は 16.8 ℃ と予想されているが、それよりも低い温度で分解を起こしてしまう。この分子は H&minus;Bi&minus;H [[結合角]]がそれぞれほぼ 90 ℃ の、ピラミッド構造をとっていると予想されている。[[IUPAC命名法|IUPAC系統名]]は'''ビスムタン''' (bismuthane)。ほか、'''水素化ビスマス'''とも呼ばれる。
 
== 合成法 ==
20,712

回編集