「英国法」の版間の差分

英語版から追加翻訳
(英語版から追加翻訳)
{{翻訳中}}
'''英国法'''(えいこくほう)又は'''イギリス法'''は文字通りには[[イギリス英語|連合王国]]における法体系('''UKEnglish law''')を指すが、実際には[[イングランド]]と[[ウェールズ]]における[[法体系]]、('''English law''')を指すことが多い。これはであり、世界中の[[コモン・ロー]]の法体系の基礎である。コモン・ローはヨーロッパの大陸諸国、[[スコットランド]]、日本などの[[シビル・ロー]]([[大陸法]]系)または[[多元的法体制]]の対概念である。[[大英帝国]]時代、英国法は[[植民地]]へ輸出され、今日の[[英連邦]]の国々の[[法制]]の基礎となった。
[[アメリカ合衆国の独立]]以前の英国法はルイジアナを除いては未だに[[米国法]]の一部であり、[[アメリカ合衆国]]の法の伝統と政策に影響を与えた。
 
英国のコモン・ローの要素は[[法廷]]での[[判決]]にて作られ、[[常識]]と以前の[[判例]]の知識([[先例拘束性の原理]])を適用する。イングランドとウェールズにおいて[[最高裁]]における判決は下位の裁判所での判断を拘束し、その方針に従わせる。例えば[[殺人]]を違法とする法律はない。殺人を違法とする成文化された[[議員法]]を持たない代わりに[[憲法]]上の法廷の権限とその先例によって殺人を違法とする。これがコモン・ローにおける[[犯罪]]である。コモン・ローは[[議会]]により修正・廃止を受ける。例えば今日殺人は[[無期刑]]が義務付けられるが、以前は[[死刑]]が許容されていた。
 
イングランドとウェールズは[[イギリス|連合王国]]の[[構成す[[法域]]であるが、連合王国は[[欧州連合]](EU)のメンバーであるため[[EU法]]がイングランド及びウェールズにおいて英国内でも通用する。EUの国々は主にシビル・ロー(大陸法)を用い、イングランド及びウェールズ英国でもシビル・ローの体系はこの形で存在する。[[欧州司法裁判所]]ではシビル・ローを重視し、EU法の下でイングランドとウェールズの法廷を監督することができる。
 
今も効力を遺している最古の法律は[[1267年]][[マールバラ法]]([[w:Statute of Marlborough|Statute of Marlborough]])の一部(52 Hen. 3)Distress Actである。[[マグナ・カルタ]]の3つの節は元は[[1215年]]に調印され、英国法の発達にとって大きな出来事であったが、[[1297年]]に改訂されている。
8,591

回編集