「阿寺断層」の版間の差分

→‎過去の地震活動: 帰雲山」を挿入しました。
(新規)
 
(→‎過去の地震活動: 帰雲山」を挿入しました。)
 
== 過去の地震活動 ==
1586年(天正13年)の天正大地震が阿寺断層北部が震源と推測されている。この地震で[[飛騨国]][[帰雲城]]は[[帰雲山]]の山崩れによって埋没、城主[[内ヶ島氏理]]とその一族は全員死亡し、内ヶ島氏は滅亡する。また、周辺の集落数百戸も同時に埋没の被害に遭っている。
 
==関連項目==
753

回編集