メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
== 略歴 ==
[[1967年]]、[[東京都]][[蒲田]]に長男として生まれる。両親は当時肉屋を営んでいた。約一年後、[[千葉県]][[柏市]]逆井に引っ越し、父親はタイル職人に転職する。木城は幼い頃から絵を書くことが好きで、小学生の頃には大学ノート15冊に自作の漫画を描いている。[[1982年]]、[[茨城県]]へ引越し、[[茨城県立筑波高等学校|筑波高校]]へ入学、美術部に在籍した。この頃から、漫画家になることを目指し始め、高校在学中に1000頁の原稿を書き上げることと、新人賞に入賞することを目標に漫画を描き始める。高校3年在学時の[[1984年]]、SF漫画『気怪』を[[小学館]]新人賞に[[投稿]]し、入選する。同作品は[[漫画雑誌]]「[[少年サンデー]]」に掲載され、デビュー作となる。
 
高校卒業後の[[1985年]]、[[新聞奨学生]]として[[東京デザイナーズ学院]]の商業デザイン科に入学するも、学校へは余り行かなくなる。その後、[[同人誌]]活動を一時期行っている。[[1988年]]からは、商業誌に活動の場を移し、読み切り作品を数本描いている。
 
この頃の活動を通じて、後に集英社で木城の担当編集になる人物と木城は出会っている。この担当とのやり取りで、[[1990年]]の前半には『銃夢』の原型となる作品のネームが出来ている。その後、『銃夢』の連載が決定し、[[1990年]][[12月]]発売の隔週漫画雑誌「[[ビジネスジャンプ]]」にて自身初の連載作として連載を開始した。
 
漫画以外では、[[広井王子]]のファンタジー小説『[[蜃気楼帝国]]』の挿絵を担当している。
 
== 作品 ==
* 飛人(ひと) - 初期の読みり作品集。[[月刊コミックコンプ]]([[角川書店]])[[1989年]]3月号に表題の読みきりが掲載
* [[銃夢]](1990年 - 1994年、[[ビジネスジャンプ]]、[[集英社]])
* 灰者(1995年 - 1996年、[[ウルトラジャンプ]]、[[集英社]])
668

回編集