「倉本成春」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''倉本 成春'''(くらもと  なりはる)は、[[1950年]][[4月5日]] - )は、[[兵庫県]][[伊丹市]]出身の[[空手家]]で、[[脩己會]]最高師範。
 
10歳の時、地元にあった[[糸東流]]の空手道場に入門する。共に通い始めた同級生たちがやめていく中、空手修行を続け、中学二年で初段、高校二年で二段を取得する。高校を卒業して上京、[[中村日出夫 (空手家)|中村日出夫]]門下に入り内弟子となる。中村門下では茶帯から再スタートし、3年後、中村から初段を許される。以後6年間、稽古時間8~10時間、平均睡眠時間4時間という空手三昧の日々を経験する。
内弟子修行時代に[[盧山初雄]](極真空手道連盟[[極真館]]館長、元・国際空手道連盟[[極真会館]]最高顧問)と出会い、今現在も付き合いが続いている。
 
[[Category{{DEFAULTSORT:空手家|くらもと なりはる]]}}
[[Category:空手家]]
[[Category:1950年生]]
49,118

回編集