メインメニューを開く

差分

1980年代初頭、経営難に陥っていたローバーは陳腐化した同社の高級車[[ローバー・SD1|SD1]]を刷新できない状態でいた。その一方でラインナップの拡充を目指していた[[本田技研工業|ホンダ]]は[[ホンダ・アコード|アコード]]の上級車種を計画していた。しかし、後発メーカーであるからして従来の日本製高級車、[[トヨタ・クラウン|クラウン]]や[[日産・セドリック|セドリック]]などとは違ったアプローチで設計する必要があった。ローバーの作りの良さ、ホンダの効率性、そこで両社の技術提携が実現し新大型車プロジェクトを「'''XXプロジェクト'''」と名付けた(後に開発される[[ホンダ・コンチェルト|コンチェルト]]/[[ローバー・400]]では「'''YYプロジェクト'''」と命名されている)。開発中はローバーのエンジニアがホンダの施設へ常駐し、また、ホンダの技術者が英国まで出向いていたりした。
 
1985年、ホンダ版XXの[[ホンダ・レジェンド|レジェンド]]が発売され、ローバー・800は翌861986年に発売される。2.5リッターV6はホンダ製であったが、2リッター直4ツインカムはローバー内製である。プラットフォームはレジェンドと同一としながらエクステリアやインテリアは英国らしくよりエレガントな躾けがなされていた。英国王室御用達のコノリー社製レザーシートや熟練工がハンドメイドで製作するウォールナットパネル然りである。
 
また、英国車らしくモデルライフが長く、レジェンドは1990年に早々とモデルチェンジを行うが、ローバー800は細かな変更を行いながら1999年まで販売されていた。中でも1992年のマイナーチェンジ(R17系)はフルスキンチェンジとも言うべき外板が一新され、従来のモデルに比べ丸みを帯びているのが特徴的である。
24,873

回編集