「三上真司」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
[[1990年]][[同志社大学]]商学部卒。大学在学中は中国拳法に打ち込む。卒業後、[[カプコン]]に入社。「[[アラジン (映画)|アラジン]]」「[[ハテナ?の大冒険]]」などを開発。[[1996年]]にはディレクターとして「[[バイオハザード (ゲーム)|バイオハザード]]」を送り出す。その後、「バイオハザード」シリーズ、「[[ディノクライシス]]」シリーズ「[[デビルメイクライ]]」などをプロデュースする。また、「[[逆転裁判]]」1~3の製作総指揮をとった。
最新作の[[バイオハザード4]]では自らディレクターも務めた。(途中、[[チーフディレクター]]に変わる。それについては、[[バイオハザードシリーズ#供給媒体に関する経緯|こちらバイオハザードシリーズ 供給媒体に関する経緯]]を参照。)
 
[[2004年]][[7月1日]]に[[カプコン]]の子会社である[[クローバースタジオ]]に移籍し、「[[GOD HAND]]」のディレクターを務めるが、[[2005年]]の11月には親会社のカプコンを退社してフリーの立場で同作品を完成させる。また、クローバースタジオとは別に、カプコン本社とソフトウェア開発の契約を結んでおり、現在はカプコンで新作の開発に関わっている。
49

回編集