メインメニューを開く

差分

柏尾川

60 バイト除去, 11 年前
m
境川 (東京都・神奈川県) link
|画像=[[画像:kashiogawa_asahibashi.jpg|300px|柏尾川 2004年9月1日撮影]]<br /><small>桜橋より撮影</small>
|水系等級=[[二級水系]]
|水系=[[境川 (境川水系・東京都・神奈川県)|境川]]
|種別=[[二級河川]]
|延長=約11
|流域面積=約84
|水源=
|河口=[[境川 (境川水系・東京都・神奈川県)|境川]]([[藤沢市]][[川名]])
|流域=[[神奈川県]]
}}
'''柏尾川'''(かしおがわ)は、[[神奈川県]]南部を流れる[[二級河川]]。[[境川 (境川水系・東京都・神奈川県)|境川]]の支流である。'''戸部川'''とも呼ばれる。全長は[[戸塚区]]柏尾町から[[藤沢市]][[川名]]で境川と合流するまでの約11km、[[流域面積]]は約84km&sup2;。
 
== 地理 ==
源流である戸塚区の周囲の区から流れる複数の小川のうち港南区から流れる平戸永谷川(ひらどながやがわ)と瀬谷区から流れる阿久和川(あくわがわ)が合流する戸塚区柏尾町付近から柏尾川の名称に変わる。[[戸塚駅]]付近より[[大船駅]]付近までJR[[東海道本線]]沿いを流れ、[[手広]]付近までは[[神奈川県道304号腰越大船線]]にほぼ平行に沿う。手広付近からは[[神奈川県道32号藤沢鎌倉線]]を[[藤沢駅]]方向に流れ、[[藤沢市]][[川名]]で[[境川 (境川水系・東京都・神奈川県)|境川]]に[[合流]]する。
 
流域は工場や宅地が数多く立ち並んでいるため、[[高度経済成長|高度経済成長期]]ごろになると大量の[[工場廃水]]・[[生活廃水]]が川に流れるようになった。このため川は[[ヘドロ]]で淀み、夏場になると悪臭が漂うドブ川となっていたが、下水処理網の整備が進んだことなどにより近年では川鳥や川魚が生息できるような状態に改善されている。