「私娼」の版間の差分

編集の要約なし
(青線#公娼と私娼へのリダイレクト)
 
'''私娼'''(ししょう)は、娼婦におおやけに営業の許可をあたえる制度がある場合、娼婦のうち、おおやけの営業許可を得ていない娼婦をいう。公(おおやけ)に営業を許された[[公娼]]に対する。
#REDIRECT [[青線#公娼と私娼]]
 
以下、日本における私娼について述べる。
 
日本における私娼の歴史は、必ずしもあきらかではない。奈良時代、天平年間に遊行女なるものがあったことが知られ、これを私娼とする向きがある。『万葉集』には、太宰帥大伴卿が都に上るときに卿に侍した遊行女 児島の、「やまと路は雲かくれたりしかれどもわがふる袖をながしと思ふな」という歌もある。
のちに娼婦は遊行女のほかに、白拍子、遊女、傾城、傀儡女などに分かれたが、鎌倉時代は遊女とよばれるようになった。
 
それまでは売春はいわば自由業で、取締などがおこなわれた形跡がみえないが、建久4年に、遊女屋および遊女を取り締まるために、[[源頼朝]]が[[里見義成]]を遊女別当を命じ、諸国に散在する娼婦の訴願をとりさばかせたことが史実に見える。
 
足利氏は、大永8年、傾城局をもうけ、竹内新次郎を公事に任じ、娼婦から税金を徴収した。
 
豊臣時代、天正15年、京都柳の馬場に遊郭が設けられ、ここに公娼の営業形態が[[散娼]]から[[集娼]]へと改められはじめた。
 
江戸時代、麹町道三町、麹町八丁目、神田鎌倉海岸、京橋柳橋に遊女屋がいとなまれた。江戸幕府は、散在する遊女屋を特定地域に集合させるために、元和3年、日本橋葺屋町かいわいに遊郭の設置を許可し、ここを「吉原」と命名した。ここに、公娼と私娼とを区別する公法上の体制がととのった。吉原遊郭のほかで売春をおこなう娼婦を淫売女と称し、ようするに公許の場所以外で売春をおこなう娼婦は私娼である。
 
明治維新ののち、明治6年12月、公娼取締規則が施行された。ここに警保寮から貸座敷渡世規則と娼妓渡世規則が発令されたのである。娼妓以外で売春をなす者は取締り、処罰された。臨時的娼婦はもちろんのこと、職業的娼婦であっても、娼妓でなければ私娼である。
 
 
{{substub}}
 
[[Category:売買春|ししよう]]
[[Category:性の文化|ししよう]]
匿名利用者