「ネメシス'90改」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎概要: ストツーに記述すべきでは?)
| Genre = [[シューティングゲーム]]
| Play = 1人
| Media = [[FDDフロッピーディスク|FD]]2枚
| etc= 必須メモリ容量2MB
}}
基本的には原作『[[グラディウス2]]』と同じだが、システムやステージ構成などに細かい変更がある他、[[グラフィック]]の大幅なクォリティアップが為されており、全体的には[[アーケードゲーム|アーケード]]版の『[[グラディウスII -GOFERの野望-]]』相当に近づけられている印象がある。
 
しかしながら、本作への評価は賛否両論であり、とくにオリジナルのMSX版から遊んでいたユーザーに、本作の出来に満足しなかった者が多く存在した。その大きな原因としてはパワーアップやステージなどゲーム内の仕様にもリメイクが加えられたことや、『[[グラディウス (ゲーム)|グラディウス]]』シリーズでも1、2を争うほど難易度の上昇が早い作品となってしまったことが挙げられる。また[[バックグラウンドミュージック|BGM]]が音源が異なるにも関わらず満足な制御、アレンジ、音色作成行われておらず、音程が辛うじてわせられているレベルであったことも不評の原因と言われている。<!--これは同社に音楽に精通したスタッフがないことに起因しており、移植元と同じ音源であれば遜色の無い再現るものの、同社移植の[[ストリートファイターII]]'においても[[MIDI]]音源によるBGM再生アレンジは惨憺たる物である。これを受け、スーパーストリートファイターIIでは、[[カプコン|CAPCOM]]側でMIDIのシーケンスデータを用意しているほどである。-->
 
反対に、アーケード版のグラディウスシリーズ(主に『グラディウスII』)に親しんでいたプレイヤーやオリジナルを知らないプレイヤーからは比較的良い評価をされている。グラフィックが『グラディウスII』に近い事から手をつけやすかったり、アーケード版(またはそれを元にした移植作)にはない新しい世界観やゲームシステムが新鮮に見えたことが要因とされる。このためゲームとしては、[[X68000]]X68Kのゲームとして製作されたリメイク版として、良作の部類であると判断される。
 
タイトルが『NEMESIS'90"'''改'''"』となっている理由は、本来は[[1990年]]に発売予定であったが、開発の遅れにより90年に発売することが出来なかった為の名称であり、他に『NEMESIS'90』と言う名のゲームが存在したわけではない。
 
なお、SPSは初代『グラディウス』、『[[沙羅曼蛇]]』などのコナミ製STGのX68000X68K移植を行った実績があるメーカーであるが、ディスク1に入っているドキュメントからは、本作は製作発表してから開発がほとんど進まず、頓挫した数年後にSTG開発に携わった事の無いスタッフが<!-- 見切り発車で -->引き継いで完成させたらしい事が読み取れる。
 
== 変更点 ==
*多重スクロールする背景が追加され、メインの背景もスムーズにスクロールするようになった。
*ゲーム開始時のデモで、メタリオンが発進して画面手前側に飛び出すアニメーションと、エンディングで惑星に帰還するカットが追加されている。
*効果音はADPCMで再生され、起動時にCPUパワーを判別の上、[[MC68030]]シリーズ以上であれば4重再生を行うようになっている。効果音にはパワーアップや爆発の音等『グラディウス』『グラディウスII』から録音したらしい物も多い。
*BGMはMIDI音源にも対応している。
*パワーアップゲージの点灯部はAC版のデザインを踏襲したものの多段表示になっている。
;3'面(隕石ステージ):破壊不可能な多量の隕石の中を進んでいく。『沙羅曼蛇』の2面を横スクロールにしたようなイメージ。ボスは「ビッグコアMk.II」を小型にしたような外見。BGMは「帰還のテーマ」。
;2'面(水ステージ):多数の滝が登場する美しいステージだが、滝に触れてしまうとミスになる。『[[グラディウスIII -伝説から神話へ-|グラディウスIII]]』2面のような泡も登場する。ボスも『グラディウスIII』の2面ボス「バブルアイ」に酷似している。BGMは「スペーストリッキーエリアのテーマ」。
 
=== その他 ===
原作はMSX用[[SCC]]音源内蔵1Mbit[[ロムカセット]]だったが本作は機種に合わせて1.2Mbyteフロッピーディスク2枚組みで発売されており、またデータを全て読み込んだ後、両ディスクとも排出して強制的にオン[[主記憶装置|メモリ]]動作する仕様になっていた。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者