「トリヴィア」の版間の差分

{{WikipediaPage}}
({{WikipediaPage}})
{{WikipediaPage|ウィキペディアのトリヴィアに関する方針については、[[Wikipedia:雑多な内容を箇条書きした節を避ける]]をご覧ください。}}
'''トリヴィア'''、'''トリビア'''('''trivia''')
#雑学的知識。本項で詳述。
#1.の内容の、[[アバロン・ヒル]]社から[[1981年]]に発売された、雑学の知識を競う[[ゲーム]]。
#[[トリビアの泉 素晴らしきムダ知識]]の略称。
----
'''トリヴィア'''('''trivia''')は、くだらないこと、瑣末なこと、[[雑学]]的な事柄や[[知識]]、'''豆知識'''を指す。
また、中世の教養科目([[リベラル・アーツ]])のうち基本となる3つ([[文法]]・[[修辞学]]・[[弁証法]])のことをtrivium(三学、複数形でtrivia)と呼んだため、そこから「初歩的ででつまらない」という意味が生じたともいう。
 
[[アメリカ合衆国|アメリカ]]では[[1980年代]]にトリビアを集めた[[ペーパーバック]]が人気を呼んだ<ref>小林信彦『本音を申せば』[[文藝春秋社]]、2005年、p73</ref>。日本では、[[2002年]]から放送された[[フジネットワーク|フジテレビ系列]]の『[[トリビアの泉 素晴らしきムダ知識|トリビアの泉]]』という[[テレビ番組|番組]]が[[流行]]したこともあって、「雑学的な事柄や知識」という意味で浸透した。
 
形容詞はトリヴィアルtrivial。[[数学]]では、ごく基本的で明らかなことを指してトリビアル(「自明な」と訳される)という用語をよく使う。
== 脚注 ==
<references/>
 
== 関連項目 ==
*[[Wikipedia:雑多な内容を箇条書きした節を避ける]]
: [[ウィキペディア]]では[[ウィキペディア日本語版|日本語版]]、[[英語版ウィキペディア|英語版]]を問わず「Trivia(トリヴィア)」という節を設けることが盛んに行われているが、現在のウィキペディアのガイドラインでは避けるべきとされており、しばしば編集によって除去の対象となっている。
 
[[Category:知識|とりひあ]]