「都家歌六」の版間の差分

編集の要約なし
'''都家 歌六'''(みやこや うたろく)は、[[落語家]]の[[名跡]]。当代は8代目。
 
*初代都屋歌六 - ([[生没年不詳]])元は西久保神谷町の御家人で、初め初代[[都々逸坊扇歌|初代都々逸坊扇歌]]の門で扇我、『噺連中帳』([[天保]]6年)にはすでに歌六で見える。浮かれ節謎合せに長じていた。通称「権中納言」。[[享年]]不詳。本名は畔柳藤二兵衛。
*2代目都家歌六 - ([[文政]]8年[[4月8日]]([[1825年]][[5月25日]]) - 没年月日不詳)[[音曲]]師。本名は松本兼吉。最初は[[柳亭左楽#2代目|2代目[[柳亭左楽]]で語楽から清我となり『諸芸人名録』([[1875年]])にはすでに歌六で見える。明治30年代初めまでの番付に見える。通称「兄ィ」。享年不詳。
*3代目都家歌六 - 後の[[雷門助六#6代目|6代目[[雷門助六]]。本名は青木鏡太郎。
*4代目都家歌六 - ([[1871年]][[3月6日]] - [[1926年]][[8月8日]])本名は井本亀之助。最初は[[柳亭左楽#4代目|4代目柳亭左楽]]の門で柳家栄太郎(栄五郎とも)、左若を経て[[1907年]]頃[[春風亭柳枝 (4代目)|4代目春風亭柳枝]]で[[春風亭楓枝]]となり、更に[[1917年]]頃に[[柳亭左楽#5代目|5代目柳亭左楽]]の門で歌六になった。享年55。
*5代目都家歌六 - 後の[[翁家さん馬#8代目|8代目[[翁家さん馬]]。本名は菅谷徳之助。
*6代目都家歌六 - 後の[[三遊亭圓遊#4代目|4代目[[三遊亭圓遊]]。本名は加藤遊。
*7代目都家歌六 - ([[1894年]][[9月27日]] - 没年月日不詳)最初初代[[桂小南#初代|初代桂小南]]の門で南馬、桂馬を経て、[[柳家金語楼]]の門で[[柳家夢路]]、[[1939年]]頃に[[春風亭喜久枝]]、すぐに夢路に戻り、[[1944年]]に歌六になる。享年不詳。本名は川田金五郎。
*8代目都家歌六 - 本項にて詳述。
 
*[[1951年]]3月 - [[桂三木助 (3代目)|3代目桂三木助]]に入門。前座名は桂三多吉。
*[[1954年]]10月 - 二つ目に昇進し、桂木多蔵に改名。
*[[1956年]]5月 - [[三遊亭圓遊#4代目|4代目[[三遊亭圓遊]]に移り、三遊亭万遊と改名。
*[[1963年]] - たまたま見ていたテレビに登場した日本におけるのこぎり音楽の[[パイオニア]]、 高島巌氏(児童福祉施設園長)ののこぎり演奏に感銘を受け、師事。 寄席において落語の後での余興としてのこぎり演奏を始める。
*[[1969年]]11月 - [[真打]]昇進、8代目都家歌六を襲名。
8,064

回編集