「アップル・コア」の版間の差分

corpsは「コア」だけが正しいわけではなく「コー」とカタカナ表記することもあるので、その説明に戻す
(発音; スタイル修正)
(corpsは「コア」だけが正しいわけではなく「コー」とカタカナ表記することもあるので、その説明に戻す)
ビートルズデビュー前からロードマネージャーとしてスタッフに加わっていた[[ニール・アスピノール]]が代表取締役を勤めていたが、2007年4月10日アスピノールがアップルを去ったことが発表された。現在の[[最高経営責任者]](CEO)は[[ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント|ソニーBMG]]傘下のレーベル、レガシー・レコーディングスの筆頭副社長をつとめていたジェフ・ジョーンズ。
 
なお、[[*発音に注意("Corps"は日本]]では誤人が間違って ''Corps'' が読みやすい英単語の一つで「コープス」と間違った発音・表記されることがある多いが、"Corps"は「コア(もしくは ''core'' と同じ発音なので、「ー)である。[[#会社名について|会社名について]]を参照のこ読む
 
== 会社設立について ==
最初のきっかけはビートルズのマネージャー[[ブライアン・エプスタイン]]が税金対策の為にビートルズの経営を多角化して投資対象を増やした方が良いと会計士から言われたことから始まり、ブライアンはベイカー・ストリートに『アップル・パブリッシング』という音楽出版社を作る。
 
[[1967年]][[8月27日]]にブライアンが亡くなると『[[NEMSエンタープライズ]]』がゴタゴタになり、NEMS の関係者がブライアンの代わりにビートルズを仕切ろうとしたが「ブライアンの代わりになる人間はいない」と、ビートルズは自分達で自らをマネージメントすることに決める。そして自分達のオフィスと組織が必要になり「どうせやるなら自分達の好きなようにやろう」とビートルズが『アップル』をビートルズの会社として拡大することにした。そこには"ミュージシャンあるいはアーティスト本位の会社"を作ろうとする理想があった。
 
=== メンバーのコメント ===
== 会社名について ==
=== 由来 ===
会社名「Apple Corps / リンゴの団体」は「Apple Core / リンゴの芯」が元になっている。アップルが最初に会社名を "Apple Core" で申請したところ、イギリスでは社名に "core" という表記が認められていないため、やむをえず "core" と発音が同じでもある "corps" "Apple Corps" として申請し、商標登録された。またその他には、英国の子どもが最初に文字を覚えるのがアップルの A であることから(ザップル Zapple レーベルは A から Z まで網羅する意味で名づけられている)という説、 [[アダムとイヴ]]から名づけられたという説と、[[リンゴ・スター]]の Ringo と日本語の[[林檎]]とかけて名づけられたという説などの諸説もある。
 
アップルのリンゴマークは、[[ポール・マッカートニー]]が所有する[[ベルギー]]の画家、[[ルネ・マグリット]]の青いリンゴ(グラニースミス・アップル)の絵がヒントになっている。
 
=== アップル対アップル訴訟 ===
[[アップルコンピュータ|米Apple Inc.]](旧 Apple Computer Inc.)と商標を巡って裁判で争ったことがあり、米 Apple が音楽事業を行わないことで和解していたが、[[iPod]] [[iTunes]] の登場によって契約違反として再度訴訟問題となった。この問題は、2007年に、Apple Inc. が「Apple」に関連する商標権を保有し、Apple Corps がライセンスを得て使用することで最終的に和解した<ref>{{cite web|url=http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/06/news006.html|work=ITmedia News|title=Apple商標訴訟がついに決着―“Apple”はApple Inc.のものに|author=ITmedia|date=2007-02-06|accessdate=9月28日|accessyear=2007年}}</ref>。
 
==脚注==
匿名利用者