「ちりとてちん (テレビドラマ)」の版間の差分

*[[東の旅発端]]
:居酒屋「寝床」を訪れた清海に対し、「[[喜六と清八]]が登場する落語」の一例として草々が挙げ、草原が冒頭の一節をしゃべった。なお、これ以外にも喜六と清八の登場する噺として、草原が「[[時うどん]]」四草が「[[船弁慶 (落語)|船弁慶]]」の例を挙げている。
:その後、落語の稽古を喜代美が始めるのを見た草原達4人は四草の発案で喜代美が初めて習う教わる噺が何になるかを賭けた。小草若は「寿限無」がいいと言って、あれこれと妄想。草原は自分も最初に教わったこの演目を挙げ、「東の旅 発端」の一節を唱え始めたが、途中で草々は草原を無視して「時うどん」ではないかと言い始めた。最終的に草々は「[[つる (落語)|つる]]」ではないかと言い、四草は胴元なので「それ以外」に決め、皆に突っ込まれた。そして喜代美が最初に習う噺が発表されたが、それは草原達にとって意外なものだった。なお、3人が挙げたこれらの演目は、実際に上方落語の代表的な前座噺である
:「東の旅」とは、喜六と清八の二人が大坂を出て、[[暗越奈良街道]]・[[伊賀街道]]経由で[[伊勢神宮]]に参詣し、[[東海道]]・[[三十石船]]で大坂に戻る長編の上方落語で、現在では約10席の独立した噺として高座にかけられている (これ以外に、今では話し手のいなくなった噺も多数ある)。「発端」は文字通りその第1章にあたる。
*[[酢豆腐#ちりとてちん(上方)|ちりとてちん]]
:喜代美がに習めて草若から教わった演目で第10週後半と第11週のテーマにもなった。
:再現シーンでは知ったかぶりの竹に竹谷、竹をはめる旦さんに小次郎、喜ぃさんに喜代美、知ったかぶりの竹に竹谷が扮した。
 
== 落語が元になったと推測される演出 ==
242

回編集